キャッシング 大手
サンプルイメージ

普通に覚えている方法があるから語呂合わせなんて要らないよ、という君へ

「エイタンゴロー」では、無理矢理にでも語呂合わせ暗記法を勧めていません。5感をフル活用する方法が最適な方はそれを続けて、発音も手に入れましょう。他の方法がダイスキ!という方も続けても大きな問題はないかもしれません。


言い換えれば、偏差値や得点上に問題がないならば、エイタンゴローは必要ないのかもしれません。しかし、「時間短縮」「効率化」の武器として利用するのも手でしょう。事実、偏差値が高いあなたこそ、「語呂合わせ」を自作していませんか? その幅を広げるためにも「語呂の作り方」記事だけでもお読み下さいね。


後、考えられるのは「単語は覚えられる、けど点数は取れない」。うーむ、単語の覚え方はどれをやっていますか? 上の図を見れば一目瞭然です。フラッシュ暗記法や7回繰り返し法は、仕組みを考えれば良くわかります。


実は、「ブライミング効果」という「人間は以前に見たものを、二回目以降は予測できる」という脳の反応を利用した『超短期記憶』のテクニックなのです。『超短期』で終わらせないように繰り返させます。結局時間短縮はできましたか? おそらく出来ていないはずです。とにかく面倒で飽きるのが特徴ですから。このやる気が続く人なら、どんな方法でも暗記できるでしょうw。


フラッシュ暗記法で、よくあるコメントに「テストはこなせた。だけど今は覚えていない」というものが多いのも納得できますよね。仮にフラッシュ暗記法を実際に使用するとすると、受験当日手前に英単語を完成するように時間を調整するか、何周も長期記憶に定着するまで繰り返すしかありません。これって効率的ですかね? 流行に流されていません? 2年後も流行しているでしょうか?


しかもフラッシュ系方法も、普通の覚え方も、「位置覚え」は必ず起こります。おそらく経験があるはずです。ええと、この配置の左上の意味は「一般化」だ! これではテストで役に立ちにくいですよね。テストや模試はその「単語帳の配置」なんて考えてませんから。


ほぼ一発で(不安な人は数周してね)右脳と左脳にダイレクトに単語を焼き付けられる「語呂合わせ」の威力は、初回動画でお試しバージョンを載せる予定です。そこで是非、試してみて下さい。上の図は「間違っていません」!


動画でも「位置覚え」が起こるではないか! という質問やコメントが来そうなので、説明しておきますと、「エイタンゴロー動画」には、「ランダムテスト」がついています。これを行っても「位置覚え」なんて起こらないことが分かるはずですよ! ランダムテストが付いている単語集って、別売りが多いですよねw。


【超重要】自分の英単語レベルをある程度客観的に調べてみよう!

実はエイタンゴローが利用できない方がいます。それは「中学2年程度で英語の学習を止めた方で」です。でもだいじょーぶ、安心してください。対策も書きますから。で、それをチェックできるサイトがあるので利用してみてください。


http://testyourvocab.com/ (必ず複数回の平均で見てね。問題によって差があるよ)


3000以下の方…中学レベルの英単語の高レベルのものを一度やり直してみて下さい。おそらく、2週間もかからないでしょう。その後、エイタンゴローをご利用ください。


5000周辺の方…エイタンゴローをさっそく始めましょう。しっていそうな部分は飛ばしても問題ありませんが、初級でも難しいものがあります。慣れるためにもとりあえず初級から。私は全く問題ない!という自信がある方は中級編へどうぞ!


<参考情報>

センター試験 約6000単語(安心した点数=8割以上が取れる。リスニングは除く)

国立大学   約6000単語 ~ 約8000単語(どちらかと言うと記述できるかが問題です)

私立中堅   約6000 ~ 約7000(マーチなら、分からない単語を推測して受かるでしょう)

私立上位(または英語特化大学:上智、青山学院英文など)約8000以上

(特に上智は、文法は簡単だが、単語が難しくて点が取れないテストです。多いに越したことはありません。事実、学部によっては4万以上の単語を知っている帰国子女が多い大学ですから。)

ネイティブスピーカーが約「43,500」だそうです(「it」とか 「the」を入れると50,000以上でしょう)。

※飽くまで参考です。ネイティブスピーカーが対策無しに国立大学に入れるという意味ではありせん。現時点でのレベルチェックです。現在8000程度あるならば、今の勉強法で十分でしょう。

語呂合わせ
inserted by FC2 system